専修学校 育成保育カレッジ学院
line
  •  
  •  
mezase_title.jpg
 

保育士・幼稚園教諭を目指す方のために、資格の取得から就職・人生設計にいたるまで解説するコーナーです。

 

保育士試験の内容

指定保育士養成校となっている専門学校・4年生大学・短大などを卒業した人は保育士試験を免除されます。それ以外の人は、国家試験である保育士試験を受けて保育士資格を得る必要があります。

 

(1)筆記試験
保育士試験は毎年1回、各都道府県の会場で実施されます。まず8月ごろ、2日間に分けて筆記試験があります。下記の10科目のうち8科目に合格すれば筆記試験を通過できます。

 
社会福祉/児童福祉/発達心理学/精神保健/小児保健 /
小児栄養/保育原理/教育原理/養護原理/保育実習理論
 

(2)実技試験
次に10月ごろ、音楽・絵画制作・言語の3教科のうち2教科を選んで実技試験を受けます。

「一部合格」の制度について
保育士試験では「一部合格」というものがあります。一部の科目だけ合格した場合、その科目は3年間有効で、次の年の試験では免除されます。つまり次回からは、合格しなかった科目だけに絞って集中的に勉強できるわけです。

 

保育士試験の関連リンク
さらに詳しい受験資格や注意事項については、社団法人全国保育士養成協議会のホームページをご覧ください。

 
オープンスクール
  •  
  •  
戻 る